脱毛のメカニズムの説明 全編

お家で脱毛するならトリアかケノンがおすすめ!

 

 

トリア 脱毛 メカニズム

 

ケノン 脱毛 メカニズム

 

ケノン 脱毛 仕組み

 

 

抜く”、“溶かす”、“焼く”、

 

これらの無駄毛処理は、今生えている毛をどうにかしていますが、また明日から伸びてくる毛に対しては特になにも起こっていません。

 

レーザー脱毛器とフラッシュ(光)脱毛器は今の毛と、明日から伸びてくる毛に対して影響を及ぼします

 

家庭用レーザー脱毛器ではトリアです。

 

家庭用レーザー脱毛器の購入を考えた時に他、比較対象になるアイテムはないと思います。

 

フラッシュ脱毛器の購入を考えた時は、いくつかのメーカーの機種が上がると思いますが、

 

評判

 

ケノンの能力(ポテンシャル)

 

売れ行き(追加カートリッジが買えるように)

 

を考えた時にケノンがオススメと言う理由があります。

 

 

レーザー(光)とフラッシュ(光)がなぜ脱毛作用を発揮するのか?

 

ケノン 脱毛 メカニズム

 

レーザー脱毛は主に美容皮膚科で、フラッシュ(光)脱毛は主に脱毛エステで行われています。

 

 

レーザー(光)とフラッシュ(光)を照射した部分の黒い毛に反応して、瞬間的に大きな熱エネルギーが発生しその熱が皮膚の中の奥の方の毛の根元にまでダメージを与えて毛を弱らせます。

 

一度それを行うと2週間後くらいして毛を毛抜きなどでつまむと、スルっと痛みなく毛が抜けます。

 

 

△初めての感覚で、ちょっと感動します。笑


 

一度スルっと抜けたらそれはそれでしばらく無駄毛のケアが楽になるのですが、

 

放っておくとまた毛が気になるようになります。

 

 

無駄毛が一度抜けても、皮膚の中に毛を生やす細胞がまだ残っているのです。

 

っと言う訳で再びまた照射する必要があります。

 

2週間に1度くらいのペースで4回〜5回くらいやってみましょう!

 

何回か繰り返すたび、レーザーとフラッシュ(光)の威力は強いのでどんどん生えてくる毛は細くなって、

 

生えにくくもなっていきます。

 

で、綺麗なスベスベツルツルの肌に!!

 

ってわけです。

 

トリア ケノン 毛周期

 

また、一度毛を抜いたことがある人は毛の生えるペース(毛周期)がバラバラになっています。

 

なので2週間に1度ではなくて、もっと短スパンで行ってもメリットがあると思います。

 

 

補足:
毛の黒い部分に反応するため、毛を抜いて2週間以内の部分や、白髪や産毛には効果が薄いです。

 

脱毛のメカニズムの説明 後編 (やや難しい)

脱毛のメカニズムと毛が育つメカニズムについて

 

脱毛のメカニズムと毛が育つメカニズム

 

皮膚の上、目に見えている部分にある毛を“毛幹”と言います。

 

皮膚の中、目に見えていない部分の毛を“毛根”と呼びます。

 

毛根の更に一番根元のふくらんだ部分を“毛球”と呼びます。

 

 

毛の根元の毛球の先端には“毛乳頭”と呼ばれる部分が更にがあって、

 

その“毛乳頭”が、毛を成長させる指示を出しています。

 

 

レーザー脱毛器やフラッシュ(光)脱毛器では、瞬間的に大きな熱エネルギーを発生させてこの根元部分にダメージを与える事を目的としています。

 

 

また、私たちの皮膚の上で、毛は日々伸びていますが、
毛の成長の過程には、3つの状態があります。

 

そして皮膚の上にあるのと同じくらいの長さで、皮膚の中にも下半分の毛が埋もれています。

 

休止期

 

休止期は、次の毛が生える準備の段階です。

 

眼に見える部分に毛は存在しません。

 

皮膚の中で、次の毛を生やす準備をしている段階です。

 

このタイミングでレーザー・フラッシュを照射しても脱毛効果はありません。

 

 

成長期

 

成長期にある毛は、文字通り成長して伸びています。

 

活き活きと、生えている毛が眼で確認できます。

 

レーザー・フラッシュ脱毛器のターゲットになる黒い毛が生えている段階です!

 

 

後退期

 

後退期にある毛は、抜け落ちる直前の状態です。

 

ここに照射しても根元の次の毛を生やす細胞にはダメージを与えられないので照射しても意味がありません。

 

 

脱毛のポイントは、成長期の段階にある毛のタイミングで照射をして、照射した目に見えない皮膚の中に埋もれている毛を伝ってその根元の次の毛を生やす細胞にまでダメージを与え、次に生えてくる毛を生えづらくさせる事です。

 

黒い部分にフラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器は威力を発揮します。

 

抜く、剃る、溶かす(除毛)などの処理方法とは全く異なります。

 

 

 

 

トリア、ケノンの脱毛の説明書を読むとわかるのですが、まずは2週間に1回のペースで照射してくださいとあります。

 

何回か繰り返すことで、上手に休止期を終え成長期に入った毛の照射ができる事になります。

 

一度で全ての毛に照射できないのは、全ての毛が同じリズムで生えている訳では無いからです。

 

照射するタイミングで休止期に入っている毛もあれば、成長期にある毛もあるはずです。

 

照射するタイミングで休止期に入っている毛に対してはどうやっても照射する事はできません。

 

そのような理由を含めて、2週間に1回くらいでの照射がおすすめと言う訳です。

 

 

まずは2週間に1回くらいを目途に、4回から5回繰り返し使用してご自分でこの感動を体験してみましょう。

 

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は他の手段との全然違う!

 

毛むくじゃら

 

Q:トリアとケノンは、どのような悩みを解消する商品なのか?

 

毎日の無駄毛の処理を、超簡単なものに変えるアイテムです!

 

 

トリア ケノン 比較

 

毛抜きやブラジリアンワックスなどで“抜く”、除毛クリームなどで“溶かす”、熱線式脱毛器で“焼く”、

 

これらの無駄毛処理方法とは異なり、レーザー脱毛器とフラッシュ(光)脱毛器での無駄毛処理は今の毛と、次に生えてくる予定の毛に対し影響を与えます

 

しばらく続ける事でツルツルスベスベな肌が実感できると思います!

 

フラッシュ脱毛はエステで、

 

レーザー脱毛は美容皮膚科で扱われている施術方法です。

 

トリアとケノンはエステや美容皮膚科に行くのに比べると何倍も安く済みます。

 

そしてエステや美容皮膚科の場合、予約を取る手間や実際に通う手間、施術してくれる人達とのやりとりがありますがその負担も省けます。

 

自宅で、自分が脱毛したい時に自分のペースで脱毛することができます。

 

 

家庭用脱毛器なので医師などがいなくても安全に使用できるよう開発されていますが、トリアのホームページを見る限り、またレーザー専門医のコメントをたくさん読んでみましたがプロ仕様と比べて威力が落ちている印象は受けませんでした。

 

きっとあなたの期待に答えれる機器だと思います。

 

家庭用の脱毛機器にはほかにもあります。名前は伏せますがフラッシュ脱毛器の場合あなたも2機種位は他にも頭に思い浮かべることができると思います。

 

そのフラッシュ脱毛器では無くケノンがオススメな理由は、フラッシュ脱毛器ではカートリッジは消耗品と言う点です。

 

使用回数がゼロになったら追加購入する必要があります。しかし、カートリッジを買おうとした時にそのメーカーが生産を中止していたら・・・・

 

本体ごともう使う事ができなくなってしまいます。
(^^;

 

 

 

また、初めから追加カートリッジを作っていない機種もあります。

 

なので、どの機種だって一生販売し続けてるわけではもちろんありませんが安心して使用するには売れている機器を購入した方が賢明です

 

そして、売れてるフラッシュ脱毛器と言ったら・・・

 

ケノンです!ってわけです。

 

 

レーザー脱毛器に関しては追加カートリッジは必要ありません。

 

充電で壊れるまで使用できます。

 

我が家にあるトリアは4年たちますが一度も現在でも壊れることなく使用することができています。

 

トリアの評判、脇

 

私は実際2機種を購入して体験していますが、初めて照射して、その2週間後くらいに照射した部位の毛を毛抜きでつまんだ時、痛みなくスルッと抜ける感覚は感動すると思います!

 

トリアでもケノンでもこのスルっと抜ける感動は同じようにありました。

 

 

抜く事、溶かす事、焼く事、っとは全く異なるアイテムです!

 

 

 

なので、

毎日の無駄毛がめんどくさい人

エステに行くお金が無い人

エステに行くのがめんどくさい人

ツルツルスベスベの肌になりたい人

 

に、オススメです!

 

■トリアについて、ケノンについて、美肌のメカニズムについては下記メニューから▽